2月19日(火)
16:45-17:30
Ask The Analyst:チャットボットを利用して顧客および自社に真の価値を提供する方法
speaker_photo

15ASKガートナー・セッション

ガートナー
シニア ディレクター, アナリスト
ブライアン・パトリック・マヌサマ

概 要:

本セッションでは、顧客エンゲージメント手法に変化をもたらす方法について回答する。
想定される質問内容としては、チャットボットと仮想アシスタントの違いは何か、またそれらの使い分けはどうしたらよいか、チャットボットがもたらす潜在的価値、利便性、インパクトは総じてどのようなものか、顧客はチャットボットをどの程度受け入れているか、チャットボット実装のベスト・プラクティスは何か、チャットボットに期待される進化は何か、などがある。
(注:ご参加に際しましては、アナリストへの質問事項をご用意ください。なお、ご質問が多数の場合、全てにお答えできない場合もございますので予めご了承ください。)

【参加対象】ユーザー企業、ユーザー企業の情報子会社の方
少人数セッションにつきお席に限りがございます。ご参加希望の方は早めのお申込みをお勧めいたします。

スピーカープロフィール:

顧客戦略/テクノロジに関するリサーチに注力しており、カスタマー・エクスペリエンス、顧客セルフサービス、人工知能 (AI) の使用について奥深い先見的な知見を提供している。最近のプロジェクトでは、チャットボットや仮想顧客アシスタントといったAI会話型プラットフォームのリサーチに取り組んでいる。
国際ビジネスとITに関する経験は25年以上に及び、CRMとカスタマー・エクスペリエンスには20年携わってきた。世界規模で活動しているが、主に対応しているのは欧州市場である。
ガートナー入社前は、国際的なシリアル・アントレプレナー (連続起業家) として活躍。カスタマー・エクスペリエンスとCRMの両方における幅広い経験を生かして、顧客指向のデジタル・ビジネスへの組織変革を目指すCEO/CIOに対し、戦略と運用管理の両方の視点からコンサルティングとコーチングを行っていた。