2月20日(水)
13:30-14:15
デジタル・トランスフォーメーションの期待をB2Bの人間同士のCXプロセスにも適用する
speaker_photo

23Aガートナー・セッション

ガートナー
シニア ディレクター, アナリスト
タッド・トラヴィス

概 要:

消費者向けのデジタル・テクノロジが登場している一方で、B2Bプロセスは依然として人間同士のやりとりに依存している。デジタル・テクノロジの開発や導入が容易になった今、B2B企業においてもカスタマー・エクスペリエンス (CX) の目的とデジタル・トランスフォーメーションの目標を結び付ける必要がある。
本セッションでは、先進的な企業がどのように人間同士のプロセスをデジタル化し、カスタマー・エクスペリエンスの期待を超える成果を達成したか、その方法について解説する

スピーカープロフィール:

営業に関するリサーチ・アジェンダとして、営業支援 (SFA) や営業実績管理 (SPM) のマジック・クアドラントを含むCRMを担当している。SFAシステム、営業支援基盤プロセス、営業支援基盤ツール、営業インセンティブ報酬、ノルマ管理、セールス・アナリティクスに関して幅広い知識を持つ。また、CRMガバナンス、エンドユーザー向け導入プログラム、エンドユーザー向けトレーニング、カスタマー・サクセス・プログラム、変更管理についての専門知識も有している。