2月20日(水)
13:30-14:15
デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの構築
speaker_photo

23Cガートナー・セッション

ガートナー
ディスティングイッシュト バイス プレジデント, アナリスト
ジーン・ファイファー

概 要:

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム (DXP) は自社のデジタル・プラットフォーム戦略において重要な位置付けとなる。DXPはさまざまなオーディエンスに対してさまざまなデジタル・エクスペリエンスを提供する。
これは単に現在のWebやモバイルに見られる流行に対処するだけではなく、次世代チャネルやデバイス、方式におけるデジタル・エクスペリエンスへの拡張 (例:ウェアラブル、チャットボットやAmazon Alexa、Google Homeといった会話型AI、拡張現実 [AR]、仮想現実 [VR]、各種のIoTやコネクテッド・テクノロジ) までを包含する。

スピーカープロフィール:

顧客エンゲージメント、カスタマー・エクスペリエンス、ユーザー・エクスペリエンスに加え、Webアーキテクチャ、イントラネット、ポータル、ユーザー・エクスペリエンス・プラットフォーム、Webアプリケーションをはじめとする広範なWebテクノロジを担当している。
IT歴44年という大ベテランであるファイファーは、ガートナー入社前に、Fortune 100企業のIT部門で多数の管理職、エグゼクティブ職を歴任してきた。最も有名なところでは、Frito-Lay、Texas Instrumentsがある。一連の企業を通じて、インフラストラクチャ・テクノロジ、データセンター、各事業用アプリケーションを含む、ITのすべてを統括してきた。また、Melson TechnologiesではCIOとCTOを兼任していた。