2月20日(水)
16:00-16:45
デザイン・シンキングを活用して、カスタマー・エクスペリエンスをデジタル・プラットフォームに組み込む
speaker_photo

25Aガートナー・セッション

ガートナー
ディスティングイッシュト バイス プレジデント, アナリスト
ジーン・ファイファー

概 要:

イノベーションは人から始まる。イノベーションを成功へと導くには、人そのものと真のニーズを深く理解しなければならない。
デザイン・シンキングは、有益なデジタル・デザインを考える上で強力なアプローチであり、その目的は、ユーザーや顧客に対して実践的で魅力的な提案となるアイデアを生み出し、具体化することにある。
本セッションでは、デザイン・シンキングを紹介し、これをデジタル・プラットフォーム・アーキテクチャに適用する方法について解説する。

スピーカープロフィール:

顧客エンゲージメント、カスタマー・エクスペリエンス、ユーザー・エクスペリエンスに加え、Webアーキテクチャ、イントラネット、ポータル、ユーザー・エクスペリエンス・プラットフォーム、Webアプリケーションをはじめとする広範なWebテクノロジを担当している。
IT歴44年という大ベテランであるファイファーは、ガートナー入社前に、Fortune 100企業のIT部門で多数の管理職、エグゼクティブ職を歴任してきた。最も有名なところでは、Frito-Lay、Texas Instrumentsがある。一連の企業を通じて、インフラストラクチャ・テクノロジ、データセンター、各事業用アプリケーションを含む、ITのすべてを統括してきた。また、Melson TechnologiesではCIOとCTOを兼任していた。