2月20日(水)
15:45-16:30
複雑な状況への対応力を競争力に変える
speaker_photo

25Bガートナー・セッション

ガートナー
バイス プレジデント, アナリスト
ガレス・ハーシェル

概 要:

チャネルの断片化、顧客の多様なニーズ、新たな競合先、動的な価格設定、複雑なサプライチェーン、クラウドソーシングなど、今日のビジネスは本質的に複雑であり、今後さらに複雑化するであろう。
本セッションでは、複雑化を抑えようとするのではなく、アナリティクス、意思決定管理、モノのインターネット (IoT) の発展を活用することを提言する。これにより、複雑な状況を管理できるだけでなく、むしろさらに多様化させて、その対応力を差別化要因として競争力に転換できるようになる。

スピーカープロフィール:

顧客分析の分野を担当しており、カスタマー・エクスペリエンスの具体化や、顧客プロセス全体での投資領域の優先順位付けに、アナリティクスをどう活用できるかを顧客が理解できるよう支援している。また、アナリティクス・リサーチ・チームのアジェンダ・マネージャーとして、顧客が自社のアナリティクス戦略を見極め、それに付随する投資を管理できるようにガートナーとしてどう支援するかを定義している。
ガートナー入社前には、複数のIT企業での財務部門および物流部門のビジネス・アナリストとしての実務経験を積んでいる。