2月20日(水)
15:10-16:40(90分)
CXLCワークショップ:データを活用したCX向上のために強化すべき人材像を探る
speaker_photo

CXLC2CXLC限定セッション

ガートナー
マネージング バイス プレジデント
堀内 秀明

概 要:

より良いビジネス成果を得るために、データを活用したいという企業は多い。CXの領域においても、この傾向は変わらず、顧客分析やAIへの投資が増加傾向にある。一方で、データ活用によって期待どおり、あるいはそれ以上の成果を得られたという企業は少ない。
本ワークショップでは、データ活用を進める上で必要不可欠とされる役割についての理解を深め、参加企業において強化すべき人材像がどのようなものかを探る。
【CXリーダーシップ サークルメンバー限定セッションです。CXリーダーシップ サークルへのお申込みは、貴社担当営業へお申し付けください。】

スピーカープロフィール:

日本における、エンタプライズ・アプリケーション領域をカバーするチームの責任者。チームのカバー領域には、ERP、CRM、コラボレーション、アプリケーション開発、アプリケーションの統合とアーキテクチャ、データ・マネジメント、BI/アナリティクスが含まれる。加えて、BI/アナリティクス領域のアナリストを兼務しており、BI ツールなどのデータ分析・活用を行うソフトウェアに関する市場動向調査、当該ソフトウェア製品やベンダーの選定における情報提供と助言、ならびにデータ利活用に関するベスト・プラクティスの調査と助言を行っている。
ガートナー ジャパン入社以前は、国内大手 SI ベンダーにて 10 年間、製品調査、システム提案/構築ならびに技術支援に従事。