4月28日(金)
13:45 - 14:30
今後5年間のI&O自動化シナリオ

33B

ガートナー リサーチ
バイス プレジデント
ミリンド・ゴーヴァカー
概 要:

インフラストラクチャ/オペレーション・リーダーは、すべてのI&Oシナリオを自動化できる単一の自動化ツールは存在しないことを認識する必要がある。
自動化の導入を成功させるには、プロセスが明確に定義された特定の領域とユースケースにフォーカスする必要がある。

スピーカープロフィール:

ガートナーのインフラストラクチャ&オペレーション (I&O) リサーチのリサーチ主任を務めている。
クラウド・コンピューティング、人工知能 (AI)/機械学習、自動化、パフォーマンス/可用性管理、I&Oのアジリティ、IoT管理、「サーバレス」インフラストラクチャ、ITインフラストラクチャ、ITサービス管理など、I&Oのあらゆる側面にわたる世界規模の統合的なリサーチのための方向付けとフレームワークを調査し設定している。
世界中からイベントの基調講演者として招かれることも多く、ガートナーのグローバルI&Oイベントのコンファレンス・チェアなど、複数のプロジェクトを指揮してきた。大小問わず世界中の企業のエグゼクティブ、投資機関、政府機関、テクノロジ/サービス・プロバイダーと頻繁に仕事をし、アドバイスを提供している。